姑との同居のコツ 姑と同居歴20年以上で学んでいること。

姑と同居するためのコツを伝授します。苦しい嫁の気持ちに寄り添います。

新婚旅行から帰ったら

f:id:doukyo110:20200619161152g:plain
結婚式が終わり、
新婚旅行から帰った先は夫の実家だった。

実家、と言っても、
夫が昨年、自力で建てた家である。
もともと借家だったその場所を、
夫は土地から買って新しく建て直した。
このことは私に一切相談もなく、
結婚した時には、夫は30年ローンを組んで家を建て終わった状態だった。

半年前、両家顔合わせの時に、
姑は「身ひとつで来てください」
と私の両親に得意げに言っていた。
その時私も両親も「花嫁道具はいらないんだ。お金がかからなくて助かるなあ」と良い方に捉えていた。

ところが現実はこうである。
家は家具も家電も実家の荷物で溢れかえっていた。
花柄やらアンティーク調やら、
昭和仕様の家具やモノたちがゴチャゴチャと置かれ、
壁紙は花柄で、
襖には墨絵が描かれていた。
無印良品が好きなシンプルな私の趣味と180度違っていた。

そうか、これでは何ひとつ入らない。

リビングに入ると、
テレビは大音量で何かを放送していたが、
地元の訛りがきつすぎて、圧迫感があった。

勧められてモジモジとダイニングに座ると、
「これ、買っといたから」
姑は嬉しそうに夫婦おそろいの湯呑みにお茶を入れてくれた。
全く私の趣味ではない湯呑み。

つまり、ここは夫が建てた家だが、
間取りは自分の両親と相談して建てた家であり、
荷物もそっくり、実家のもので埋まっていて、
そこに私が『嫁に入る』形になっていたのである。

とにかく、アウェイ感ハンパない。
居心地が悪くて仕方がない。

その時、私は自分の判断がいかに軽率だったのかを知ったのだった。