姑との同居のコツ 姑と同居歴20年以上で学んでいること。

姑と同居するためのコツを伝授します。苦しい嫁の気持ちに寄り添います。

姑が部屋に勝手に入ってくるときの対処法

姑が部屋に勝手に入ってくるときの対処法

f:id:doukyo110:20200720114659j:plain
我が家の姑は夫婦の寝室に無断で入ります。
私にとって寝室しかプライベートスペースがないのに、
姑は毎日、勝手に入ってきます。
中にいようといまいと、
扉を閉めていても、入ってきます。
しかも、ノックも無しに突然。
見て欲しくないところも見られました。
これが、精神的にきつかったです。

主人に「やめるように言って」と頼んでも、言えないようでした。
主人と姑は言いたいことを言えない関係だから。
同居している夫はこういう人が多いと思います。

さて、そこで愚痴ばかり言っても解決しません。
どうしたら姑が入れないようにできるか私なりに考えてみました。

鍵をつけるのは賃貸なのでできそうにありません。
なぜ、姑は入ってくるのか。

姑は主に、主人の洗濯物を置きに入ってきます
(なぜ、主人の洗濯物をしているのかは後日書きます)。
洗濯物が無ければいいのではないか。
でも、事情があってそれができにくい。
それなら、畳んだ洗濯物を寝室ではなく、一旦、リビングに置いてもらってはどうかと考えました。

意を決して姑に、
「寝室を模様替えしたら手狭になったから、畳んだ洗濯物はリビングに置いてもらえる?」
と頼みました。
「ハア」
と返事されたものの、次の日もその次の日も、部屋に入ってきました。
「ハア」と答える時は不愉快な時。
嫌なんですね。

でも、めげずに再度チャレンジ。
「畳んだ洗濯物はリビングに置いてもらえる?」
「ハア」
残念ながら、一向に治る気配がありませんでした。

そこで、主人に
「何度言っても、洗濯物をリビングに置いてもらえないの。
あなたからも言ってもらえる?」
と頼みました。

さすがの主人も、
私の気迫に押されました。

主人から言われたら、やっと、洗濯物をリビングに置いてくれるようになり、
姑が寝室に入ってくることがなくなりました。
「結界」のようなものができて、ひとつ気楽になりました。

ポイント:姑が入ってくる原因を探る。

なぜ、姑が勝手に入ってくるのか原因を考えてみましょう。

◯息子の部屋は勝手に入って良いものだと思っている。
◯寝室がどんな状態だか探りたい。

いろいろあるかと思います。
うちの場合は「洗濯物にかこつけて、部屋をチェックしにきていた」です。

◯直接、「入ってこないでください」とは言いにくい。

言えたら、とっくに言ってますよね。
そこで、コツは「知恵を働かせて遠ざける」です。
鍵をかけられたら、それが一番ですが、
なんとなく入りにくい環境を作るのです。

どうか、あなたの同居生活が少しでも楽になりますように。