姑との同居のコツ 姑と同居歴20年以上で学んでいること。

姑と同居するためのコツを伝授します。苦しい嫁の気持ちに寄り添います。

同居姑がペットを飼いたがる件とその対策

同居姑が「ペットを飼いたい」と言い出した!

f:id:doukyo110:20200731124456j:plain

我が家で、同居姑が
「淋しいから、犬を飼いたい」
と言い出しました。

(姑が同居するだけでも足手まといなのに、
足手まといが足手まといを飼いたがっている‥‥!)
と思いました。

犬は長くて20年くらい生きます。
当時70歳の姑が最後まできちんと面倒を見られるでしょうか?
犬が家にいることの不自由さも思い浮かびました。

すぐさま反対したのですが、
「世話は自分で全部する」
「犬を飼ったら、家族旅行について来ずに犬と留守番する」
と言われて、
「それなら」
と承諾しました。
当時悩みの一つだった、
姑が家族旅行についてくる問題が解決すると思いました。

結果、これは大嘘でした。

犬を飼って、
姑がしたことは、

◯朝夕の散歩。
◯ドッグフードのお金を出す。
◯犬の美容院代を出す。
◯犬の病院代を出す。

嫁の私がしたことは、
◯犬の耳毛抜き、耳垢掃除(犬が嫌がるのでたいへん)。
◯犬のドッグフードを買いに行く。
◯犬を美容院へ連れて行く。
◯犬を病院へ連れて行く。
◯犬をシャンプーする。

でした。

期待した家族旅行は、
◯犬を親戚やホテルに預けてついてくる。
◯犬も一緒についてくる。

でした。

それでも、一度預かった命は責任を持ってお世話しました。
犬に罪はありません。
犬は長生きして18年生きました。

犬が死んだ後、
姑は90歳近くになっていました。

「また、飼いたい」
オーラがありましたが、
言われる前に、
「うちは賃貸なのでもう飼いません」
と釘を刺しました。
小姑が
「なんで飼わないの」
と責めてきましたが、我慢しました。

対策として

約束事をきちんと決めて、
一筆書いてもらうと良いです。
姑は口で言ったことを都合よく忘れてしまいます。